ストレピアがどんどん知名度を上げて愛用者を増やしています。
これだけ人気が出た理由としてストレピアの成分が挙げられます。

 

私も愛用していますが数週間で効果を体感することができました。
今回はストレピアに含まれる3つの人気成分のうちミューンSについて解説します。

 

ストレピアと言えばミューンS配合のスキンケアコスメ

ミューンS 樹液

 

ミューンSは販売元であるナチュラルビューティーハウスが独自開発した美容成分です。

 

お肌の元になるコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す重要な成分であるHSP(ヒートショックプロテイン)含有酵母と天然樹液・樹皮エキスを配合したオリジナル成分です。

 

ミューンSってなに?どれくらい凄いの?

HSP 樹液

 

敏感肌特有のエイジングケアには慢性的に続いてしまう炎症を断ち切り、その上で外部からの刺激に負けない肌を目指す必要があります。

 

つまり、ストレスへのダメージを打ち消す力と老化と戦う力の両方が必要になってくるということです。最近話題になっているHSP(ヒートショックプロテイン)は熱により増加することが知られ、肌の潤いやシミ予防などに作用すると言われる万能成分です。

 

このHSPを摂取するために最適な方法が"化粧品"からの摂取であると言われます。

 

この優れた成分に加えて

 

・サトウカエデエキス(免疫力)
・キハダ樹皮エキス(抗炎症)
・フランス海岸末 樹皮エキス(抗酸化)
・ネムノキ樹皮エキス(抗糖化)

 

エイジングケアに必要な4種類の樹液・樹脂を含んでいるのですが、
実は、HSP×樹液・樹脂の組み合わせは美肌効果を高めるということが知られています。
酵母や樹液はもともと自然界に存在する成分なので、人体との親和性もよくアレルギーや副作用を心配する人にピッタリの成分です。

 

ストレピアはミューンSを独自配合

ミューンS 独自配合

 

ストレピアはミューンSを独自配合しているため、他のメーカーの商品にくらべて優れた効果が期待できる商品になっています。

 

成分表を見ると

 

マスクウォッシュ
・海泥(マリンシルト)
・クダモノケイトウ果皮エキス

 

ゲルローション
・アーティチョーク葉エキス

 

海泥(マリンシルト)はメラニンを含む古い角質を毛穴の奥から吸着してくれ、豊富に含まれるミネラルやエイジングケア成分が肌に潤いを与えてくれます。アーティチョーク葉エキスは毛穴の目立ちを改善するほか、こじらせ肌を改善する効果があります。このような有効成分が含まれています。

 

 

ストレピアって使うとどうなるの?

 

ストレピアを使うと

 

・ハリ
・弾力
・みずみずしさ
・シワ
・たるみ
・うるおい

 

などの肌の悩みに働きかけてくれるます。
一緒に美肌を目指しましょう!

 

ストレピアの失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。